肌診断

あなたの肌は何タイプ??

1:敏感肌

敏感肌になる要因は、食べ物、環境、植物そして、肌に合わない化粧品の使用です。まずは、自分の肌をよく知る事。。そして新しい化粧品を使用するときは、必ずパッチテストをして、すこしずつ肌をならしましょう。

2:ノーマル&乾燥肌

ノーマルから乾燥肌のひとは、毛穴の開きはあまり見られません。しかし、オイル不足で肌の表面が乾燥しざらざらしています。肌に古い角質がある状態で化粧水、乳液などをのせても、肌に浸透しません。ではどうしたら?まずは角質を取り除く事をしましょう。粒の細やかなスクラブを使うことで、肌をいためる事なく古い角質を取り除く事が可能です。

また、化粧水など十分に肌を潤しましょう。

 

3:オイリー&混合肌

オイリー&混合肌の最大の特徴は、余分なオイルによって顔が光っています。また毛穴の開きも大きく、黒ずみの原因となります。オイリー肌の要因は様々ですが、肌を常に清潔にし、刺激のある食べ物を控えましょう。

 

4:エイジング

環境、年齢とともに衰えてしまった細胞の働きによってできてしまうしわ。。一度できてしまったしわを薄くするのは容易ではありません。ですので、今からエイジング予防をしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

4. Acne

A visible problem alert, screaming loud and clear.

The exact cause of acne is not fully understood. However, some of the contributing factors to acne include: stress, family history & genetics, and hormones.

. . . → Read More: 肌診断

ラノパールよりマジカルBBクリームついに登場

ラノパールよりマジカルBBクリームついに登場

BB クリーム5つの特徴

*日焼け止め配合

*ファンデーション

*美白効果

*保湿

*エイジング効果

ようこそ ラノパールブログ

 

HELLO WORLD! “There are 3000 years of our world history that we can learn from …if we learning we will always be the winner”- Lanopearl

エイジング フェイスクリーム

エイジング フェイスクリーム

エイジング スキンケアー商品は年齢の経過によって衰えてしまった細胞の働きの活性化を手助けするのを目的として開発しています。洗顔、化粧水、保湿それぞれにVitamin C, Vitamin E, Vitamin B3そして、数多くのハーブを含まれています。

 

 

 

 

 

Mt Retour の Online Shopping

だんだん、暖かくなってきましたね。。今日はMt Retour のオンラインショッピングのご案内です。

オーストラリア政府認定付の精油(エッセンシャルオイル)を是非この機会にお試し下さい。

http://beauty-organics.jp/hpgen/HPB/entries/1.html

トレンドBeauty

最新トップ

リンゴ細胞

ゴールド

蛇の血清

真珠

トタラ

レタノール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラノパール社の商品管理システム

Research-Lab

ラノパール社では、徹底した衛生管理のもと、日々商品開発に力を入れています。世界中の人々に好まれる、そして肌の弱い人でも安心して、安全に使用できるそんな商品作りをしています。

ラノパールジャパンのブログ開設

ラノパールジャパンのブログ本日開設しました。ラノパールはオーストラリシドニーに本社を構える化粧品会社です。

現在日本ではラノパール社のブランドの一つMt.Re-toure を展開しています。http://beauty-organics.jp/をご覧下さい。

 

また、今回の東北大地震で被害に遭われた方の冥福をお祈りいたします。東北地方の復興を心より信じています。

 

Categories

Archives

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.